Skip to content

Jobs氏が気に入っていたiMacの元の名とは

2010/01/15

昨年11月の記事で、「iMac」の名付け親Ken Segallを話題にしました。情報元だったCult of Macの11月の記事を振り返ると、

Link: Interview: The Man Who Named the iMac and Wrote Think Different | Cult of Mac

Cult of Mac

(iMacお披露目の)会議でJobsはある名前を提案したが、それは酷いものだった。

He suggested one at the meeting, Segall says, but it was terrible.

と、Segall氏はもともとJobs氏が考えていた名前について語り、「血の凍るような  (“curdle your blood”)」ものであったと表現していました。

上記の記事にもあるように、Jobs氏はSegall氏が愛してやまなかった「iMac」の名をとうとう最後まで認める事はなく、結局プロトタイプにその名が刻印がされた事からSegall氏が採用を知った程でした。

ではJobs氏のお望みだった「血の凍るような」名前とは何だったのでしょう。 Gizmodoによると、それは「MacMan」だったということです。
Link: The “Blood-Curdling” Name Steve Jobs Wanted for the iMac – Macman – Gizmodo

当時MacManの名は、Midimanという別の会社がアダプタの製品名に使っており、AppleはMidimanに名の提供を申し出たそうですが断られたとのことです。

Gizmodo

MacManでしたか…

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。