Skip to content

「iGuide」は何の名前?

2009/12/30

少し前に振り返るとNY Timesの編集者Bill Kellerの「Apple Slate」発言から端を発したように、つい最近までタブレットの名前の候補が数々登場してきました。iSlateMagic Slate、他にも何かあった気がしますが、思い出せません。

iSlateもMagic Slateも、デラウェア州に住所をおく「Slate Computing」という名の会社が登録した商標です。この詳細は以下のMacin’ Blogさんの記事が参考になりました。
Link: Macin’ Blog iSlateのドメイン,登録商標,ペーパーカンパニーまで明らかに!?

そして今回新しく候補に挙がったものが「iGuide」。

これがタブレットの名前…??という話にはいささか飽々していますが、TechCrunchから9 to 5 Macにわたって興味深い解釈が生まれています。

Link: Add ‘iGuide’ to possible Apple tablet names/technologies. To replace iTunes? | 9 to 5 Mac

Link: The Apple Tablet: Will It Be Called iSlate, iGuide, Or Something Else?

iGuide Media, LLCは、デラウェアに拠点をおき、Appleの代わりに商標権を獲得するというただひとつの役割を持った(Slate Computingと)もうひとつの会社だ。今回の場合は”iGuide”の商標申請を2007年12月に行った。そしてその出願書類にはSlate Computingと同様、Appleの上級商標スペシャリストRegina Porter氏の署名があった。同時に書類作成を行った弁護士も、Ocean Telecom Services下に(これもAppleに代わって)iPhoneの商標を申請した時と同一人物なのだ。iSlateと同じく、AppleがiGuide Media, LLCを通してiGuideの商標を獲得しようとしていることは明らかだと思われる。

iGuide Media, LLC. is another Delaware-based company whose sole purpose appears to be to obtain a trademark on behalf of Apple, Inc. In this case they have a single trademark application for the term “iGuide” that is currently pending. The application was first filed in December 2007. Again, we found Apple’s Senior Trademark Specialist Regina Porter’s signatures on the trademark documents linking iGuide Media, LLC to Apple, Inc. Meanwhile, the lawyer handling the paperwork for the iGuide trademark is the same lawyer who filed for the iPhone trademark under Ocean Telecom Services, also on behalf of Apple. Like iSlate, it seems clear that Apple created iGuide Media, LLC to obtain the iGuide trademark.

Link: Another Buried Apple Trademark – ‘iGuide’ as Another Name or Service for iSlate? – Mac Rumors

iGuideの出願書類には、マルチメディア・デバイスのハードウェアとソフトウェアに関する記述と、さらには多岐に渡る「ダウンロード可能なデジタルコンテンツ」に関する記述もあります。

Computer hardware and computer software for accessing, browsing, searching, recording, organizing, storing, transmitting, receiving, manipulating, streaming, reproducing, playing, and reviewing audio, video, games, music, television, movies, photographs, and other multimedia content.

Even more revealing was a later passage which describes downloadable electronic content of a wide variety:

Downloadable electronic publications in the nature of books, magazines, newsletters, journals, and blogs in the fields of entertainment, sports, science, history, culture, celebrities, news, current events, politics, technology, and education;


TechCrunchはいくつかの理由をもとに、iSlateがタブレット、Magic Slateが周辺機器、そしてiGuideがそれらのハードウェアに関するサービスの名前ではないかと推測しています。この解釈から更に9 to 5 Macは、iTunesが曲を整理するという本来の役割をはるか越えた存在となった事も合わせ、iGuideとは将来iTunesに代わる名前なのではと記しています。

電子書籍の配信という可能性も濃厚ですからね。i「Tunes(曲)」という名前ももはやふさわしくないのでは?との意見も時々見られますし。iGuide、マルチメディアの案内役といった所でしょうかね、なくもなさそうです。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。