Skip to content

PastryKit、Webアプリへ向けた下地?

2009/12/17

Appleの開発したWebフレームワーク「PastryKit」が、Webアプリの使用感をネイティブアプリ並に高める事に一躍買いそうだとのことです。
Link: Apple Laying Groundwork for Advanced Mobile Web Apps? – Mac Rumors

Link: Daring Fireball: PastryKit

Mac Rumorsの紹介したJohn Guber氏Daring Fireballに、この「PastryKit」に関する詳細が記されているとのことで、特徴を抜粋すると、

・(ホームスクリーンから立ち上げた場合)完全にアドレスバーを廃している

・ツールバーを固定して、スクロール時にも動かないようにしている

・慣性スクロールにより長いリストも素早く閲覧出来る (Javascriptで実装されているためMacのSafariでも再現可能)

こういった小さな変更点が、長い目で見るとWebアプリをよりネイティブアプリに近い感覚で使用出来るようになるのではとの事です。

デモビデオではiPhone User Guideを例に一連の機能を紹介している他、コンテンツがiPhoneのデータベースに蓄積されているためWiFiの接続を切断しても閲覧出来ることを実演しています。(実際に私のiPhoneでも確認できました)

この技術によって、モバイルウェブへの多機能化の動きがますます進むのではと予測され、事実App Storeの成功という事実に反してGoogleの開発担当副社長は、モバイルウェブが未来のモバイルアプリ・プラットフォームを担うだろうと予測しているようです。

こうなるとあれでしょうかね、iPhoneへのFlash対応が一層叫ばれることになりそうです。App Storeにも影響が及ぶと思いますが、PastryKitを開発したAppleはウェブアプリとの棲み分けをどうするつもりなのでしょうか。

追記:

HTML5でGmailの閲覧もオフラインでできますよね、そう言えば。ただやっぱりネックになるのはホームスクリーンから起動してもアドレスバーやツールバーがご健在な点。これがなければMailアプリでなくWeb版アプリの方を使いたいんですけどね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。