Skip to content

キラーアプリサイトにおける、5つのポイント

2009/11/26

Cult of Macに、WebDesignerWallの挙げた、人気iPhoneアプリに共通するサイト作りのポイント5つが紹介されています。

Link: The Top 5 Secrets To Designing A killer iPhone App Site | Cult of Mac

無数のアプリと張り合うには、良いアイコンだけでは不十分。入念にデザインされたウェブサイトが重要だ。

To compete with thousands of iPhone apps in the App Store, having a good app icon is not enough. A nicely designed website for the app is very important.

ワンページフォーマット

どのアプリのサイトも、手短な記述と特徴リストで1ページにおさめたデザインをしている。文体はいつも簡潔かつ要点をストレートに押さえている。

iPhoneイメージ

全てのアプリサイトがiPhoneのイメージを(ドロップシャドウなり反射効果なりを加えて)中心的な要素として用いているのに気がつくだろう。

App Storeバッジ

ほとんどがダウンロードボタンにApp Storeバッジを選んでいる。

スクリーンショットのアニメーション

全てのアプリサイトがiPhone上のスクリーンショットを掲載している。一部のサイトではスライドショーやアニメーションによってどのように動くかを見せることでユーザー体験を高めている。訪問者はテキストに目を通さずともアプリの機能を即座に理解できるし、サイトのルックスもより楽しくなる。

値段を表示

全てのサイトがプライスタグを表示しているわけではないが、これはするべきだと思う。買いたいと思った時に値段が分からないのはいらいらするものだ。以下に示した例をみると、ダウンロードバッジやスクリーンショットのそばにプライスタグを配置するのがベストだと分かる。

アプリが承認過程を通過していざストアに飛び出したにしても、それが人目に触れることすら難しいほどに現状は厳しいようですからね。こういったクリエイティブなアピールがあるのとないのとでは、購入する側の判断もかなり変わってくると思いますし。

しかしこういったヒント、iPhoneアプリに限った話ではないですよね? 身近なプレゼンで応用されてみてはいかがでしょうか。以下原文に20程サイトの全体図が紹介されているので是非興味がある方はご覧下さい。

Link: iPhone App Site Design Trends

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。