Skip to content

Apple、メディアデバイスからリモコンにGUIをプッシュする特許を出願

2009/11/20
tags: ,

Appleが2008年5月に出願した特許によりますと、「iPod等メディアデバイスのGUIをリモコン類のアクセサリに「プッシュする」方法」をAppleは研究していたようです。

Link: Apple Researching Methods for ‘Pushing’ User Interfaces to Accessories from Media Devices – Mac Rumors

今回の出願書類によりますとAppleは、共通のメディアデバイスに対応した様々なアクセサリがそれぞれのインターフェイスによって操作されている点について、その結果不完全な機能性や異なるユーザー体験が生じていると指摘しています。

この問題を解決するため新しいリモートコントロールデバイスにおいては、メディアデバイス自身がリモコンにGUIを「プッシュ」する事で、メディアデバイスそのままの機能と、一貫したユーザー体験、そしてデバイスとアクセサリの互換性を提供できると説明しています。

この出願書類に記された考案者名には、前iPod UIマネージャーWilliam Bull氏や、「iPodの父」Tony Fadell氏の名前が含まれているとの事です。

現在のMacラインナップが登場する前、タッチディスプレイ搭載のリモコンも登場するのではというウワサもありましたが、これとは関係があるのでしょうか。私はiPhoneと同様にこれがリモコンのあるべき姿だと思いましたけどね、実際Apple Remoteあまり使ってませんし…

iPhoneアプリの「Remote」は実用性が高いので、あのようにユーザーエクスペリエンスをサードパーティまで一貫させようということなのでしょうか。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。