Skip to content

例のワーム作者の懺悔

2009/11/16
tags:

つい先日、脱獄を施されたiPhoneを対象とした、壁紙を歌手Rick Astleyのものにすり替える(だけの)ワームなんていうものが物議を醸していました。そしてこれが初のiPhoneワームであった事もあり、脱獄していない私にとっても聞き捨てならないニュースでありました。各ニュースサイトも賑わせたこの事件ですが、当の作者によればその真相とは(彼にとっても)なかなか意外なものであったようです。

Link: Rickrolling iPhone hacker Ashley: worm or boy wonder?|Ashley Towns

iphonevirus-420x0

theage.com.au

 

このワームの作者は21歳のAshley Towns氏。きっかけはほんの些細な好奇心だったんですね。

あるブログ記事に太字で、パスワードを変えろと書いてあるのを読んでいたんだ。どれぐらいの人がそれを実行しているのかと気になったね。

I was reading a blog that said in bold letters to change your passwords and I wondered how many had.

そこで彼は、多くの人々がパスワードの変更を怠っている事を知ります。

そこからワームを書き始めた。徹夜して、それから寝ぼけたままテストしてやろうと決断したんだ。法的事態なんてその時は本当に考えていなかった。正直ここまで発展するとは思わなかったよ。

“So I started writing it from there. I stayed up all night and when I was half asleep I decided to test it.

“I didn’t really think about legal consequences at the time. I honestly never expected it to go this far.

しかしご存知ワームは数百台ものiPhoneに伝染し、さらにこれにおさまらず、ワームに自分の名前をリンクしていた事が事態をさらに狂わせたのだと。

大勢の人が脅しをかけてきた、僕の携帯番号を特定してネット上に流す人さえいた。

“A lot of random people have been making threats and someone even figured out my mobile number and published it online”.

彼がiPhoneのネットワークセキュリティについて主張したかったと訴えようとも、大量の脅しや中傷を受ける結果になったということです。この事件から彼が学んだ事は「行動する前によく考える」、う~ん洒落にならないですが確かに言い教訓です。

まあ、21といえば私と同い年なんですけど笑 徹夜明けで寝ぼけていた結果、とんでもない事をしでかしてしまったという背景には同情を禁じえません笑 ちなみに自宅暮らしの彼が、自分のしでかした事を両親に理解してもらうにも一手間かかったようです、当然ですが(^_^;)

3件のコメント leave one →
  1. 2009/11/16 09:10

    この事件にはこんな裏側があったんですね!
    徹夜明けのテンションでばらまいた事実に、笑っていいのかダメなのか…w

    • Podee permalink*
      2009/11/16 18:17

      Sさん、いつもコメントありがとうございます(^_^)

      意外でした笑 しかしひょんな思いつきからワームが作れてしまうなんて… 改めて冷静に思い直したら大変な事をやらかしたなってよくある話ですけど、今回はスケールが違いましたね(^_^)

Trackbacks

  1. 初めての iPhone ワーム « maclalala:link

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。