Skip to content

アルミApple Remote到着

2009/11/06

薄ーい長ーい、そんな感じです。全体がアルミでできており、裏面に電池詰替のバルブ?がある以外は継ぎ目はありません。アイスキャンディ型のユニボディです。

楕円な外観はiPod nanoに似ていますが、側面にエッジがかかっているためか、どこかよそ行きな佇まいです。

操作部分はクリックホイール状のボタン系、その下に二つ並ぶメニューボタンと再生/停止ボタン。ホイールのセンターボタンと、メニューボタンが凹んでいます。

折角のホイールなので、iPodみたくぐりぐり操作できるものかと思いましたが、残念ながら上下左右のボタン操作しか受け付けませんでした。

AppleRemote

*写真を一部変更しました。

薄さ細さに対して、それなりにグリップ部分の余白を取ってあるので使い勝手は良好でした。思わず口に含みたくなる質感にも好感が持てます。しかし個人的には、シャッフル似の旧Remoteの方が好みだった気もします(実際には店頭でしか使った事がないので何とも言えませんが)。

アルミiMacとの外観の相性もいいのですが、マグネット等でどこかに止めておけないとなると案外邪魔ですね… とは言えFront RowのみならずiTunesや音量の操作もできてしまうとは便利なヤツです。他にもUniversal Dockに接続されたiPodやiPhoneも操作できるようですから意外と活躍する面は多そうですね。

pack

そして何より驚いたのが、究極なまでに無駄を省いたパッケージ。はじめはフィルムが全面に貼ってあるのかと見間違えたほどです。底面に矢印のアイコンがありますので、そこからぺりぺりとテープをはがして開封してください。

まあ、なかなかカッコいいリモコンだと思いますね。できればぐっりぐりホイールを回して操作してみたいものですが。

Img004_2048x1536
No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。