Skip to content

Snow Leopard、ソフトキーボードをタブレット向けに改良?

2009/08/31

9 to 5 Macからのネタです。Snow Leopardで、入力メニューから新たにアクセスできるようになった「キーボードビューア」が、タブレットにおけるタッチ入力を容易にするための工夫ではないかという話です。

Link: Larger Snow Leopard soft keyboard makes tablet computing EZ | 9 to 5 Mac

従来のソフトキーボードは、カーソル操作前提にデザインされたサイズの変更ができない小さなものでしたが、Snow Leopardにおいてはデフォルトサイズが倍近くある上に、サイズも自由に広げる事が出来るよう改良されています。

従来のソフトキーボード

従来のソフトキーボード

スクリーンショット(2009-08-31 0.24.50) 

デフォルトサイズ

デフォルトサイズ、どことなくタッチフレンドリー。

iPhoneとの比較

iPhoneとの比較

ここまで大きくする事も!(クリックして原寸大)

ここまで大きくする事も!(クリックして原寸大)

ただのマイナーアップデートというより、何らかに向ける第一歩という気がしてならないのですが

ちなみに、9 to 5 Macのスクリーンショットでは「キーボードビューア」メニューが独立して現れているようですが、私はどうしても入力メニューに内包してしか表示させられませんでした。(システム環境設定の「キーボード」に、「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」というチェック項目がありますけれど…)

snow-leopard-soft-keyboard

2件のコメント leave one →
  1. Yo-shi permalink
    2009/09/01 18:25

    やっぱりこれは「何らかに向ける第一歩」でしょうね(^^)

    • Podee permalink*
      2009/09/01 21:03

      ですね^^ iPhone OSよりMac OS Xを積む証拠とも考えられるんでしょうかね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。