Skip to content

Apple Store天神で迎えたSnow Leopard発売日

2009/08/28

まず初めに言わせて頂きます。私は世間が平日で、かつアップル休暇なるものなど無いと承知しておきながら、何故このような行動に出てしまったのか自分でも分かりません…笑 そんな私に早朝からTwitterでつぶやきを下さった方々、大変心強かったです、本当にありがとうございました*゜)v

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

朝はとても早かったです、勇んで午前3:40にはApple Storeの前に立っていました。秋葉原の先行販売の様子を見ていて、眠れない上に落ち着かなかったので他になす術が無かったのです。

photo  photo 3-1

その時点で店内にはまだ店員さんがいらしゃったので、OSの最後の確認でもされていたのではと思います。

5:30、明るくなってきましたがまだ誰もやって来ません。この辺りで既に雲行きが怪しかった気がします。

photo 5  photo-3

photo 4

開店を今か今かと待ちこがれる雪豹達。

photo 2

既に稼働中の雪豹。

  

7:45、いよいよ降り始めました、雪ならぬ雷雨のせいで心なしか雪豹ちゃんも寒そうです。

photo 3  

8:00Apple Storeに蛍光灯が灯りました、この段階で私一人です。

photo 2-1photo-1

9:00から雷が急接近して落下するようになりました。金属質なApple Storeが帯電しそうなので一時ビルに逃げ込む事にしました。

9:35、やっと二人目の中学生くらいの子が現れたのを皮切りに、続々雪豹ハンター達が集まり始めました。

photo 4-

最終的には大体10人弱並んでいたと思います、Leopardの時が100人程と聞いていたのでやはり今年は少なかったようです。

この後写真撮影はしていませんが、おもむろに店員さんが掲げたMacBook Proを使ってカウントダウンをし、お決まりのハイタッチ(いつかこれがしてみたかったんです!笑)、続けて店内の奥に誘導されSnow Leopardアップグレード版を手にする事ができました。

並んでいた人数が少なかった事もあり、その後も自由に店内でSnow Leopardに触れたり、店員さんの新機能解説を受けたりすることができました。

photo-2

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ここからは、私が店内でSnow Leopardを触れた際のファーストインプレッションです。

まず触れて感じたのは、細かな操作感が向上したおかげで更に心地よくMacが使えるようになったという事です。

これまで最新のMacでもプレビューにタイムラグがあったり、動きにぎこちなさが残ったりと完成度としてはあと一歩だったCover Flow表示やアイコンの拡大縮小が、Snow Leopardでは飛躍的にチューンアップされています。

FinderCover FlowStacks内のスクロールやアイコン拡大縮小はとにかくツルーーッと動作します。アプリケーションのアイコン(256*256)をCover Flow表示させた際のタイムラグが無く、ようやく実用的な段階に到達したという印象です。ただやはり、動画ファイルのサムネイル表示には多少時間がかかるようでした。

ノートとデスクトップの両機を試用して、Snow Leopardトラックパッドでジェスチャーを使いながらこそ、チューンアップされたインターフェイスを堪能できるOSだと感じました。(Appleには是非、デスクトップ用にも外付けトラックパッドをリリースして欲しい!)

大きな改善が行われたQuickTime Xにおいて、私が特に感激したのが今回追加された画面撮影機能です。大体30秒以内の撮影終了後、ほとんど保存時間を感じさせる事が無かったのには驚きました、更に保存されたムービーはフルサイズでコマ落ちも少なく、大変クリアでした。

またiSightからのムービー撮影後、そのままYouTubeMobileMeにアップロードできるシームレスさも舌を巻く完成度です。トリム機能なども含め、動画関係ならばこれ一本でも十分実用に応えうると思います。

*ストリーミング配信が可能な「QuickTime Broadcaster」なるアプリケーションも発見しましたが、これもSnow Leopardからの新機能なのでしょうか?

ExposéStacksの操作性も期待を裏切りませんよ! StacksGrid表示した際の格納エフェクトが変更されているということで、賛否両論ありそうですが私好みではありました。こういう細かい点も着目してみて下さい。

全体的に標準アプリケーションが64-bitに最適化されたというのもあって、例えばSafariにおいてもWebブラウズはやはり高速化された印象でした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

なにぶん手元に実行できる環境が無く、店頭で触れた範囲内で文章でしかレビューできないのですがなんとなく感動はお伝えできたでしょうか? なにも私が、未だPowerPC G5iMacユーザーであるがゆえだけの感動ではないと思います。これまでもしょっちゅうApple Storeや家電量販店で実機に触れていながら、Snow Leopardには未体験の心地よさがあったのです。

今後更に多くの方々の手に、このパフォーマンスが行き渡る事でしょう。私もあちこちでのレビュー記事を楽しみに次回のiMacアップデートを待つとします(*゜)v


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

追記となりますが、前回の記事「iPodカメラ搭載説続々釈然としないのは私だけ?」をApple-Styleさんのサイトで紹介して頂きました、管理人の所長さん、本当にありがとうございました(*゜)v また、賛否両論ながら沢山の評価も頂けて、投稿した甲斐があったと嬉しく思います。読んで下さった方へも大変感謝しております^^ ありがとうございました。

3件のコメント leave one →
  1. Yo-shi permalink
    2009/08/29 23:54

    おおっ、並んだんですか!ハイタッチ、いいですねぇ。
    Snow Leopardを導入したいんですが、3,000円すら惜しむ懐具合ですorz

    • Podee permalink*
      2009/08/30 21:08

      Yo-shiさんお久しぶりです! 並んだというかほとんど一人でしたが!笑 少数ながらハイタッチもちゃんとありましたし、さすがApple Storeですね^^ Snow Leopardはまだまだ不具合も見られるようなので、もう少し待たれても大丈夫かとは思いますが…プラモデル作製頑張って下さい^^

Trackbacks

  1. Apple、既にMac OS X 10.7の開発に着手 « うま口Mac。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。