Skip to content

Apple Tabletはパラダイムシフトとなりうるか?

2009/08/27

Cult of MacApple Tabletの操作性を予想した、コンセプト動画が紹介されていました。このコンセプトをデザインしたのはジョージア州の匿名学生Jon Doeさんです。「MacSlate(石盤)」と称されたこのコンセプトは、全部で10の動画にまとめてYouTubeにアップされていますので、気になる方はご覧下さい。

Link: Gallery/ How Apple’s Tablet Will Be a Paradigm Shift | Cult of Mac

Link: MacSlate Video [YouTube]

Doeさん曰く、「問題は、現在のMacWindowsLinuxを含めPCのインターフェイスでは時代遅れだ」ということで、「マウスやキーボードでは限界に達している」のだそうです。確かに、最近のAppleのトラックパッド技術や、言わずもがなiPhoneのマルチタッチ技術を見てもその点は痛感せざるを得ませんね。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

私見としては、少々ジェスチャーが分岐しすぎているので(指の本数、UI要素など)、実際にはもう少し現行のOSとはかけ離れたデザインになるのではと思います(SpacesDockは省かれるのでは)。

また、ウインドウや書類(写真や動画)を回転させるギミックもメタファーとしては大事かもしれませんが、シンプルさを考慮するとかえって必要なさそうに感じます。ただ、コンセプト自体は目新しくない、例えばBumpTopのような操作性(ビデオ8 )が取り入れられており、これは特に期待大です。ビデオ5ではNewton OSの手書き認識を彷彿とさせる、スタイラスを用いたテキスト入力も紹介されています。

Picture 54 Picture 56

Picture 57 Picture 58

ビデオ3Dockを出現させる際に紹介された、タッチディスプレイの外側からディスプレイ内にスライドさせる操作性(Palm Preが搭載した、ディスプレイ外にも設けられたGesture Area)も、実際にAppleは特許を申請していたので期待できそうです。

Picture 55 Picture 61

ビデオ8の、空間に散らばるオブジェクトを層として表現したり、空間ごと回転させて閲覧するコンセプトは未来的ですねー^^

Picture 59 Picture 60

とにかくこういうコンセプトを見ると、またもAppleに一発くらわされそうな気がしていよいよ期待が高まります。

Cult of Macが、Snow Leopardの新UIなどからタブレットの操作性を予測した記事を以前に紹介しましたので、こちらも参考になれば。

Link: Apple Tabletはどうなるの?CoMのまとめ操作性篇 « うま口Mac

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。