Skip to content

iPhone nano? Appleの特許再び

2009/07/31

この頃Apple純正タブレットマシンのウワサで持ちきりですが、そんな中iPhone nanoを匂わせるようなAppleの特許がAppleInsiderに紹介されています。

Link: AppleInsider | Two-year-old iPhone nano patent draws headlines again

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

初めてこの特許が明かされたのは二年前のAppleInsiderにて、LCDディスプレイの片面と、感圧式インターフェイスを持つ背面の二面で構成される「多面型デバイス(muti-sided device)のコンセプトを示していました。

この着想には、指がスクリーンを覆い隠してしまう問題や、指紋による汚れを解消するねらいがあったようです。

patent-070510-0

内容をまとめると、このデバイスは背面にタッチセンサーを配し、前面のディスプレイでユーザーの背面でのタッチ操作を「貫通して」反映する仕組みになっています。

デバイスが起動されると、ソフトウェアキーボードやメニューがディスプレイに表示されます。ソフトウェアキーボードは不透過、またはコンテンツを隠さないよう透過表示され、ユーザーの指が背面操作でどこを指しているのかを識別する為のカーソルが表示されます。

patent-070510-1

目的の操作要素にカーソルが重なり合うと、ユーザーは感圧式タッチ面を「押す」事によって選択または実行する事ができます。Appleによると、この方法によってユーザーは、所謂「ハンドヘルドデバイス」を片手で扱う事ができ、またiPhoneのような操作の度にタッチ面から指を離さずともデバイスを操作できるとのことです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

スクリーン上の要素を直接指で操作する「直感性」とは逆行したアイディアではありますが、一時期ウワサされていた小型iPhoneを考えるとこの操作性もアリですよね。限られた狭いディスプレイをいかに有効活用するか、そして感圧式を導入する事で小さなタッチデバイスでも落とさずに使えそうです。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。