コンテンツへ移動

iPadに感じたこと

2010/01/29

こんなビッグなイベントの前後で風邪をこじらせてしまっています。28日は午前3時15分に目が覚め、慌ててGizmodoを開きますと「iPad」という名の新製品。そのあまりに露骨な姿と名前に一度はウィンドウを閉じて寝てしまおうかとも思いました。

というわけで今回のiPadが、直接的に光り輝く未来や可能性として映ったかというとそうではありませんでした。恐らくイベントを見守った多くの方が、少なからず落胆を覚えたのではないのでしょうか。

特に私が注目していた入力インターフェイスは、iPhoneのソフトウェアキーボードをそのままタブレットに合わせて広げたという感じ。目新しいインターフェイスもジェスチャーもなし、OSもiPhone OSの拡張版というシンプルさ。
ディスプレイは1024*768ピクセルの対角9.7インチ。期待の大きかったOLEDも、実際に搭載されたのは(やはりというべきか)IPS液晶パネル。

結果としてiPadは、熾烈な妄想合戦の中でも「最もシンプル」な製品像に落ち着いたという感じでしょう。

しかしこのシンプルさがまた、いい意味でAppleらしいとも言えそうです。キーノートの終盤にJobsが言った、
「7500万台を超えるiPhoneとiPod touchが出荷されているということは、7500万を超える人々がiPadの使い方を既に分かっているということだ。」

操作性やコンセプトをほとんどそのまま踏襲することで、これまで積み上げてきた莫大なiPhoneの資産も、そのまま受け継げるという信頼感にも繋がりますよね。

また、基調講演の中でも最も興味深かった、iWork

まずiLifeよりiWorkを先に対応させたのには、Netbookに対抗できるポイントをインパクトのひとつに発表したかったのでしょうか。

Netbookの狭苦しいキーボード、狭苦しいトラックパッド。これを膝上でゴニョゴニョ操作するよりも、iPadの広くゴージャスなマルチタッチディスプレイを使った方が、直感的で、マジカルに、美しいプレゼン資料や書類だって作成できるでしょ。というメッセージが伝わってきました。むしろiPadを使えばこれまでデストップ上の作業だったことも、マウスなしでほとんど(それももっと簡単に)済んでしまうのではと感じたほどでした。

ただ、タブレットにこそ期待すべき機能がいくつか欠如している点も気になります。

・マルチタスキング
これは、次期iPhone OS 4.0でiPhoneと共に盛り込まれるのかなと期待しておきます。
・iBooksのインタラクティブ性
マーキングしたり書き込んだり、クリッピングしたり…そういった機能は電子ブックならではの利点だと思うのですが、特に教育向けだと。ただもしその機能があったとして自分が使いこなせるのかと問われると、微妙なところです。一方必ず欲しかった検索機能は、アプリ画面左上の虫眼鏡アイコンからあると判断してよさそうです。
・カメラ

いまいちはっきりとしなかったのが、iTunes LPiLife。このあたりはiPadに対応しないはずがないでしょうから、今後が楽しみですね。

総じて私のiPadに受けた印象は、App Storeのなかった初代iPhoneの未完成さにも似ています。私たちはおろか、Apple自身もこれが今後どこまで化けるのか、計り知れていないのではと思うのですが。だとすればiPadは、まだまだ真っ白なキャンバスなのかもしれませんね。

しかしJobsをはじめ、キーノートやプロモーショナルビデオに登場したエグゼクティブらの目の輝き。 やはりiPadはただのタブレットに終わりそうにありません。今後OSとハードウェア、サービスのアップデートを積み重ねて大きなポテンシャルを発揮しそうな製品だと思います。

2件のコメント leave one →
  1. 2010/01/30 00:44

    わたしの見る目の無さを露呈しますが、初代iPodが出た時の「ええっ?画期的なデバイスって、これなの!?」的ながっかり感はないです。

    やっぱり片手でスマートに日本語を入力したいです。座って打てる片手入力。
    前人が果敢挑んで敗退して行った、片手キー入力の決定版的な斬新なアイデアを期待します。
    別にAppleからじゃなくてもいいですけど・・。

    自分の書いた文章も書庫に入れられるんですかね?
    私は自分の書いた物が一番好きなので、リッチな感じで読みたいんですけど(笑)

    ビデオチャットをしないのでカメラは欲しくないけど、やっぱりFLASH対応はして欲しい。別にWeb広告を見たい訳ではないですが、何かを作るとなるとFLASHが敷居が低い方なのでは?と思いまして。簡単な物でも自分の作った物がiPadやtouchで動くと楽しいと思うんですが。

    とにかく早く現物に触れてみたいですね。新しい世界の広がりを感じられたらいいのですが・・
    買うならWi-Fi版 $499です。

    • 2010/01/30 01:04

      なんだか勝手にあれこれと妄想していただけ、拍子抜けた姿にあらら、と思ってしまったんですよね。昨年からSnow LeopardのUIデザインはタブレット向けだとか、iLifeのタブレット版がどうのとか、そういう記事を多く取り上げていたのもありますし。

      ただすごく印象的だったのが、iPadのアプリは紙のメタファーを多用したUIに富んでいるという点ですね。iPadは紙にも化けるのか!と。その点味付けのないシンプルなスレートを使って何が出来るかなんて、可能性は無限大だと思わされました。もちろんUIだけでなく、これまでiPhoneに実装で気なかったアイデアが湧き出してきそうで楽しみです。

      FLASHは、、、どうせAppleさん認めないんでしょ?(^_^;)ってあきらめモードです笑 Appleは、Flashの方向性をHTML5に誘導したいのでは、と言われていますけど…
      iBooksは米国以外ではサービス展開が未定ですけど、これって結構大きなカギを握ってると思うので日本の出版社さんも是非腰を上げて頂きたいですよね。

      とは言え薄さといいWebのレンダリングの速さといい、一度手にしてしまったら忘れられないでしょうね(^_^;) 少なくとも3月末の発売には買えそうにもありませんが、う〜ん(^_^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。