Skip to content

Walkmanを選んだ理由

2009/09/09

先月私はiPodからWalkmanに乗り換えた事をお伝えしました。それもカメラ説がどうこうとまだ見ぬiPod批判に合わせたものですからあらゆる捉え方をされたかと思います私もWalkmanレビューをいつ書くべきか悩みつつも、次期iPodで盛り上がりの中書いてもあれなので、潔く発表直前に書こうかと思います。大体半月程使用しているのでそれなりに思う事もありますし、なにより皆さんの選択肢を広げるという意味でも

*開封の儀のために逐一ぱしゃぱしゃと写真を撮りためてはありますが、面倒なのでそこは省略です。

NW-X1000_B

私がこの度購入したのはNW-X1050のブラック (16GB)、値下げとビックカメラのポイントを使って31,000円程で購入しました。ではなぜ、私がWalkmanを選んだか。それは純粋に音楽を楽しめるデジタル・オーディオ・プレイヤーが欲しかったからです。iPhone持ちにとってはなおのこと、ビデオもアプリもいらない(ここでNW-X1000の有機ELが宝の持ち腐れになっているのですが)、カメラなどもっての他であると。

またファンの音がどうしても気になるので、私はMaciTunesから直接音楽は流さないんですよね。だからといってiPodだと音帯が不十分でどこかぼやけて感じるうえ、AAC/256kbpsという高品質でライブラリを構築している意味も分からなくなったのでした。(全くシロウトの意見ですが^^;

そして極めつけに、長らく欲しかったFMチューナーを内蔵するWalkman NW-X1000こそ適役と、既に前々から狙っていたわけです。

では実際に使ってみてどうだったか。ここからは完全に音シロウトの私が書き連ねるので参考までに…^^;

・音質

これに関しては小躍りしてしまいました^^; 私はEDIROLMA-10Aという特別たいした事の無い普通のスピーカーを5年近く使っているのですが、こんなにいい音が出せたものかと驚いたものです。

なんと言っても音に艶があり鮮明です。アコースティックギターのつま弾く金属音、ハイハットの切れの良い刻み、エレキギターのディストーションやコーラスの薄い一膜、ベースのグリッサンドに感じる弦のうなり…iPodと聴き比べただけでも否定しようの無い違いがある上、iPodでは気がつかなかった一枚上手の美味しい音を聴かせてくれます。

これらの音の秘密にはこのNW-X1000の内蔵するS-Masterという、ソニーの高級アンプに搭載されているデジタル技術の恩恵があるようです。さらに他にも、

・低ビットレートでの圧縮により失われた高域を補完するDSEE

L/Rを明確に分離するクリアステレオ技術

・低音域のゆがみを抑えるクリアベース技術

などと音回りの機能は至れり尽くせりです。

・ノイズキャンセリング

フルデジタル化されたノイズキャンセリング機能も充実しています。「バス/電車」、「飛行機」、「オフィス」の3通りのシチュエーションを手動で切り替えて使うのですが、特有のキューッと締め付けられるような違和感もあまり意識することなく程よくしっかりとノイズキャンセルされていると思います。

・インターフェイス

NW-X1000_035

可もなく不可もなくといった所でしょうか? iPodを使い慣れていれば間違いなく不可の決断を下すでしょう。タッチディスプレイの感度は悪くありませんが、押し方が悪いのか押し損じが妙に発生します。

また音量、ノイズキャンセリング、再生/曲戻し/曲送りの物理ボタンを外部に設けているのですが、これは日常的に使いながら駄策だと感じています。iPodのクリックホイールの方が手探り操作にはだんとつに向いているということです。ホールド時の挙動やソフトウェアの細かい点を見ても確実にiPodに軍杯があがるでしょう。

一応付け加えますが、搭載のWebブラウザは使い物になりません。

FM/ワンセグ

ワンセグというものはあまり使わないので(テレビもほとんどど見ない^^;)何とも言いがたいのですが、画質は悪いです。FMは感度もよく、当然ながら音質も良い(上記で挙げたS-MasterDSEEは適用外)ので私としては大満足です。

・電池の持ち

うーん、これは設定にもよると思いますが、そこそこ持つ方だと思います。FMやノイズキャンセルで結構消耗しているように感じましたが、音楽再生だけなら十分長持ちしています。

・ところでMacでは使えるのか

これまでの国内向けWalkmanにはなかったドラッグ&ドロップに、晴れてNW-Xシリーズでは対応しているのでMacでもひと通りは不便なく使えます。但し、Macでのフォルダ階層がプレイリストとして認識されないので、プレイリスト分けにはWindowsが必要なようです。ここはどうにか改善して欲しい所(またはiTunes側のサポートを望みたい所無いと思うけど^^;

ほかにブックマーク機能やスリープタイマー、MP3AACではギャップレス再生に対応していなかったりと機能不十分な点は否めませんが、その不満を埋め合わせるだけの音のクリアさ、そこから派生する新たな音楽との出会いを考えるとiPodの先を行く魅力も持っていると言えるのでしょう。音楽好きには是非オススメしたいですね(*-゜)v

そういえば先週、SONYWalkmaniPodを何とかというニュースもありましたが、新製品発表前の買い控えを考えても徐々に巻き返しているのでしょうね。

02sony01

Link: iPodがウォークマンにシェアで敗れる、約48か月、242週ぶり

Link: NW-X1000シリーズ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN “ウォークマン” | ソニー

追記:

加えてMacで快適にWalkmanを使うコツを記しましたので、是非ご参考までに…

Link: WalkmanをMacで飼い慣らす « うま口Mac。

4件のコメント leave one →
  1. 悩み中 permalink
    2009/10/21 16:55

    突然のコメントで申し訳ありません、現在ipodtouchかx1050のどちらを購入
    するか迷ってます。ワンセグとラジオが外せないので後者になりそうなのですが
    私も10年以上のマックユーザーで「いまさらウィンドウズは、、、」って感じ
    です。x1050どうなんでしょう?マックユーザーにはお勧めできますか?
    どこまで連携できるかが鍵ですね。なんかいいソフトあればいいのに。

    • Podee permalink*
      2009/10/21 18:43

      コメントありがとうございます。

      ワンセグに関してですが、私はほとんど使わないのでどのような事をお伝えするべきかが分からないのですが、友人のケータイ複数台のワンセグ機能と比較すると感度は明らかに劣っているように思います。
      ラジオは私も常用していますが、受信環境にもよると思いますが不便無く使えています。感度は良いと思いますよ。

      ただ、Macで使うという条件でiPod touchと比較するとやはりAppleのiPodに軍杯があがるでしょう。iTunesとの連携が優れていますし、そのほか話題のアプリも充実していますし。WalkmanをMacで使うにあたって何が不便かと言いますと、プレイリストが作れない、ジャケットが反映されない事が多々ある、曲名が文字化けする、曲順がきちんと並ばないなどiPodではまずありえなかった問題に悩まされる事です。しかしこれらは、ID3タグを全て打ち直すことで解決していますので、正しく使う事で対処のしようはあるのだと思います。iTunes以外にも管理ソフトはあるみたいですけど試していません…

      http://www.gizmodo.jp/2009/10/post_6209.html

      ([How to]iTunes耳に喝!音楽CDからピュアな音を引き出すプロ流CDリッピング術 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ)

      また対応ソフトがなくドラッグ&ドロップで曲を移す以外方法が無いので、プレイリストが作れない(フォルダ階層が反映されない)点は、全曲シャッフル再生やアーティスト/ジャンルごと再生で割り切って楽しんでいます。私もMacのみしか使っておりませんが、問題を乗り越えながら、ガジェットに合わせて新しい楽しみ方を見つけながら満足に至っているという感じでしょうか。S-masterの音質は定評の通り裏切らないと思いますし、Appleにはこれからも真似できない部分でしょうね。

      しかし…十年来のヘビーMacユーザーでいらっしゃるならiPod touchも捨てがたいかと…両者は音楽プレイヤーという以外ではあまりに機能性が違いますからね。比較は難しそうです。

  2. たでくうむしもすきずき permalink
    2010/01/22 05:33

    音質の90%はイヤホンが決定すると言われていますから、そのウォークマン付属のイヤホンでiPodの音を聴いた感想も知りたいです。ほとんど好みの範囲となって変わらないと思いますが、私はウォークマンのギラギラしたドンシャリの音(いわゆるソニー音)は苦手でした。安いイヤホンではウォークマンは良い音で鳴りますね。イヤホンとセットで調整しているという技術者の記事を読んだことがあります。高価なイヤホンには、そんな本体の音の色付けが却って邪魔になるような気がして、私は苦手なんです。iPodの音を馬鹿にしていた友人のソニーユーザーにUltimateEars 10proやEtymotic Reseach ER4Sで鳴らしたiPhoneやnanoの音を聞かせたら、黙りこくってしまいましたよ。病的な音質マニアが使うのはiPodが多いです(出力が大きいから)。機会あればお試しあれ。

    • Podee permalink*
      2010/01/22 12:05

      コメントありがとうございます!

      もちろん付属のヘッドホンで聴き比べました、Walkmanはドンシャリ系と言われていますが最新モデル(特にX)はかなりフラットですよ。あくまでS-master搭載モデルですが、音質の違いは一聴して分かるかと思います。

      >病的な音質マニアが使うのはiPodが多いです
      これはよく聞きますね、私はそれほど音質マニアでもないのですが。ただWalkmanの操作性には辟易としていますから、次期モデルの出来の良さによってはまたiPodに舞い戻ろうかとも考えています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。